絶対喜ばれるプリザーブドフラワーのギフト

ギフトとして、フランスのパリを中心に認知が広まったプリザーブドフラワー。
イギリスなどでは上等なギフトとしてよくふるまわれています。日本でも近年専門店ができるなど、ちゃくちゃくとその存在感を増しています。
まだプリザーブドフラワーのことをよく知らない人も多いとは思いますが。なぜプリザーブドフラワーは独自の人気を高めているのでしょうか。
ドライフラワーや造花、生花とどこが違うんでしょうか? ギフトに適している理由とは?


プリザーブドフラワーは贈った相手の手間を取らせない

生花をプレゼントすると、相手に飾ることを半ば強要してしまいます。花瓶を用意して水やりと水替えの手間を強いてしまいます。ですがプリザーブドフラワーにはその手間は必要ありません。多少ほこりを払ったりする程度で大丈夫なのです。
少し環境を整えさえすれば、何年もそのきれいでみずみずしい姿を贈った相手に楽しんでもらうことができるのですよ。


アレンジや花の色の種類が多い

アレンジの自由度が高いのもプリザーブドフラワーの特徴の一つです。水やりの必要なしにきれいな姿を維持できるため、ボックスにいれるなどアレンジ幅が広いです。造花などとくらべてもそのきれいさは一目瞭然ですよ。